交通事故が起きた時の手順

1、負傷者の救助

ご自身や同乗者、相手方に交通事故による負傷者がいないか確認します。

出血や意識が無い、または重症と目される場合は救急車を※呼んでもらいましょう。

 

※なぜ自分で呼ばないか?

▽意外と動揺しているから です。

 

場所を聴かれても分からないことが多いので、集まってきた近所の方や野次馬の方に「あなた救急車呼んで」と言って呼んでもらい『ご自身は手当て』に回ってください。

通報者は名前を聞かれますので、後の証人になる可能性があります。

 

2、警察への通報

ケガ人がいない場合や軽傷とみられる場合でも、交通事故に出くわしたら警察を呼びましょう。警察官が到着するまでの時間は、お互いの情報を交換しておくとよいです。

相手の連絡先として聞いておくべき項目は、

  1. 相手の住所、氏名、連絡先(電話番号)
  2. 相手が加入している自賠責保険、任意保険会社名
  3. 相手車両の登録ナンバー
  4. 所轄の担当警察官の氏名

 

この4つは過失割合や揉めた時に必要になるので必ず聞いておきましょう。

 

3、保険会社へ連絡

警察への連絡を終えたら、それぞれの保険会社へ事故の報告を行いましょう。

交通事故の様々な手続きは、基本的に被害者本人と加害者側の保険会社とで行われます。また、ご自身が被害者でも過失があると被害者側の保険会社を使って損害賠償を支払ってもらう可能性もあるため、被害者が加入している保険会社への連絡も忘れないようにしましょう。

 

4、病院で診察を受ける

ご自身がケガをされたり、被害者になった時には必ず医師の診察を受けて下さい。特に

 

「ぶつかったけど、痛くないから行かなくてもいいや」

 

とその時は何でもなくても、後から痛みが出る事もあります。

事故に遭ったことで興奮状態にあるので痛みに対して鈍感になっています。まずは病院で検査してもらい、診断書を出してもらいましょう。

 

軽い接触事故が起きたら、まずやるべきこと

まず私が行なったことは、法廷でも通じる様に

 

①免許証を出して貰い
②そのまま免許証の写メを撮り
③相手方の車とナンバーを控え(これも写メ)
④双方のぶつかった所を写メ(近距離・遠距離からも全体像が見えるように)
⑤すぐに警察に連絡

 

相手は「買い物急いでるから!」と言い残しそのまま行ってしまったので、後から来た警察に事情説明しました。私も仕事があるので「じゃあ警察にこちらから連絡しとくんで」となり解散しました。

 

①事故を起こした場合、起こされた場合はまず事故現場に警察の事故検証が必要になります。
②事故検証の後、事故証明が完成され保険会社に連絡ができます。

 

相手方は事故を起こしたにも関わらず、逃げようとしたのですかさず捕まえに追いました。例え車両同士が軽い接触、衝突でも『事故』という扱いになります。

人身ならなおさらですね。ミラーがかすめたとなったとしても事故は事故です。