『最近肩が痛いなぁ・・・』

季節の変り目で服装が変化したりすると肩こりが気になったりしませんか?

温かくなって薄着になった今の時期、薄着で外出して店内や電車が思ったより冷えていたりすることも多くあります。うっかり羽織る物を忘れたりすると、寒くて体が冷えてしまったり・・・この時期はよく経験すると思います。

体が冷えてしまうと血流が悪くなり肩こりに繋がります。今の時期は生活環境が大きく変わって心身の緊張により体が強張り、またそれが原因で肩こりになったり・・・。とにかく肩こりで悩んでいる方も多いと思います。

そこで!今回は座ったままでも出来る肩こりに効くストレッチをご紹介します。座ったままでもできるのでデスクワークや勉強の合間にオススメです!

♢座ったまま出来る!肩こり解消ストレッチ♢

➀片腕を真っ直ぐ上に挙げ、
もう片方の手で脇を挟むように押さえ
親指でコリのツボを探します

②ツボを見つけたら押して挟んだまま、
挙げている腕を曲げ肩に手を置きます

③そのままの状態で腕を約10回、回します

反対の腕も同じように回して下さい。

以上です!
座ったままできるので、デスクワークの合間の気分転換にピッタリです!ツボを探す時はあまり強く押さないように注意して下さい。”痛気持ちいい”くらいのツボがポイントです!

 

♢肩こりの原因♢

首から背中の上部、肩や腕に関わる筋肉の鈍い痛みや圧迫感・違和感・不快感をまとめて肩こりといいます。肉体的・精神的なストレス、自律神経の乱れなどによる肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が原因で肩こりは起きます。

普段は意識することも少ないですが、人の頭の重さは成人で約5~6㎏もあります。
重い頭を支えているのが、首と肩です。日本人は欧米人と比べると、頭が大きいわりに首から肩にかけての筋肉と骨格が細くできているため、肩こりを起こしやすいと考えられています。

肩こりの原因は何十種類もあり、人によって様々な原因があります。そのなかでも一般的なのが”長時間の同じ姿勢・眼精疲労・運動不足・心身のストレス”です。

今回は日常生活で原因になりやすいものをみていきます。

~日常生活で起こりうる肩こりの原因~

➀眼精疲労
パソコンや携帯電話による長時間同じ画面を見続けたり、コンタクトやメガネの度が合っていないなどの慢性的な目の筋肉の緊張や疲労が、肩こりの症状を引き起こすことがあります。

②長時間のデスクワーク
長時間パソコンに同じ姿勢で向かっていると、首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、肩こりの症状が起こります。

③ストレス
肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。活発になると肩周辺の筋肉が緊張して肩こりの原因に繋がります。常にストレスを受けて筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化する場合もあります。

④冷えによる肩の筋肉の緊張
寒い場所や冷房の効いた部屋に長時間いると体が強張り、筋肉が緊張状態が続きます。

⑤運動不足からくる血行不良と筋肉の疲れ
運動を定期的に行っていないと、あまり筋肉が使われない為、筋肉の緊張や疲労が起こり肩がこりやすくなります。そして、運動不足は血行不良を招き、肩こりの発症に繋がります。

 

♢肩こりの予防法♢

➀肩や首を冷えを事前に防ぐ
夏のクーラーによる室内の冷やしすぎや、冬の寒さに身を縮める筋肉の緊張は、肩こりの原因になります。
直接冷気があたることを避け、カイロや湯たんぽなど使って、肩と首を温めて冷やさないようにして下さい。

②デスクワークや勉強時の体勢を整える
椅子は深く座るのがポイントです。目線の高さや腕の位置なども意識すると肩こりになりにくいです。長時間同じ姿勢を続けず、合間に体を少し動かして血流をよくすることも大切です。

③血行をよくするような運動を取り入れる
体に負担が少なく、全身の筋肉をバランス良く使う運動を、少しずつでもいいので行うことが大切です。散歩や水中で泳がず歩いたり、簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。

 

♢肩こりの対処法♢

➀痛くならない程度の優しいマッサージ
痛みを感じるマッサージは、筋肉に余計な緊張や部分的に疲労を与えたりしてしまうことがあります。周囲の人にマッサージをしてもらう場合や、自分で行う場合は、力強く集中的に押すのではなく”さする・優しく押す・軽くもむ”くらいの軽いマッサージにして下さい。

②血行を良くするための入浴をする
40℃前後のぬるめのお湯にゆっくり浸かることが効果的です。お風呂からあがったら、水気をよく拭き湯冷めしないようにすることが大切です。

 

♢まとめ♢

肩こりは誰にでも起こる可能性のある症状です。体型や姿勢も深く関係するようで、猫背にならないよう姿勢を正すなど普段から意識することが大切です。

3人に2人が肩こりがあると言われており、国民の悩みと言ってもいいのではないでしょうか?

私自身は肩こりがひどくなると頭痛が起きやすい体質です。。。

しかし、頭痛であまり薬に頼りたくないという考えがあり、改めて肩こりを調べてみて日常生活からの改善が必要だと思いました。

そして!ストレッチの大切さも改めて感じました!!!

今回のストレッチは座りながらできるので、デスクワークや勉強の合間の一息に是非お試し下さい!