『スマホの使い過ぎで肩が痛い・・・』

と、肩こりを感じたことが誰でも一度はあるのではないでしょうか?

そもそも、肩こりはあるけど原因をスマホに結び付ける人もあまりいないのではないでしょうか?

それくらいスマホや携帯電話は生活に浸透しています。

私も友達などに比べるとあまりスマホを使う方ではないのですが、一人で電車に乗っていたりするとついつい使い続けたりしています。暇な時間に意識せずに触ってしまうものです。。。

 

なぜスマホを使うことが肩こりに繋がるのか?

病院に行かずに肩こりに効く自分で出来る対処法はないのか?

考えていきましょう!!

 

♢なぜスマホで肩こりに?♢

スマホを使う時は、どうしても頭が下を向きうつむく姿勢になります。

この体勢を長時間続けると、首の後ろから肩にかけての筋肉が張った状態が続き、血の流れが悪くなってしまいます。

この状態が肩こりの原因になります。

また、スマホを使う時は机を使うなど腕を安定させて使用する方が好ましく、電車や車は揺れて画面が安定しない為あまりスマホを使うには適さない環境のようです。

 

確かに車も助手席でスマホを使うと首や肩が痛くなるイメージがありますね。。

しかし、肩がこりやすい環境と分かっていてもスマホを使わなくするのは難しいですね。どうしても無意識にスマホを取り出して触ってしまいます・・・。

そこで!今回は簡単に肩こりの解消ができる”骨ストレッチ”を紹介します。

以前”ソレダメ!”で紹介されたストレッチで、立った状態で体を捻るだけでびっくりするほど体の動きが良くなります。

 

♢骨ストレッチとは?♢

体の中心にある骨格を滑らかに動かすことで、体の中心からバランスを取ることを目的としたストレッチです。

鎖骨・肩甲骨・胸骨・骨盤の4つは繋がっていて、鎖骨を押さえて動かすだけで全身が滑らかに動くようになる為、それを肩こり解消に利用した動きになります。

では、実際にストレッチを見ていきましょう!

 

♢骨ストレッチ♢

親指→ブレーキ

小指→アクセル

と、乗り物に例えると人の体はなっていて、どちらかの指に力を入れた状態で腕を回すと小指の方が腕を回しやすいようにできています。

写真のように、2つの指を繋げることでニュートラルポジションを作り、全身の力が抜けやすい体勢にします。

これが基本のポーズになります。

では、さっそく骨ストレッチをやってみましょう!!

➀肩幅に足を広げます

②右腕の肘の角度を90°にします

③右手の親指と小指を合わせ(触れるだけ)左手で右手首の骨を掴みます

④顔は真っ直ぐに笑顔で後方にグーっと7回引きます

笑顔で行うことが重要です!!!

※左腕も同様に7回行って下さい

無理な体勢をとる必要もないので、空き時間に手軽にできます!

 

♢電車の移動中でもできる肩こり体操のまとめ♢

普段動かしにくいポーズをとることで、骨格の中心が動いて体をほぐし、コリを解消させることが骨ストレッチの目的です。

つまり、肩こりを解消させるには適度に体を動かすことも必要になります。

スマホを使っていると無意識に自分にとって楽な体勢をとりがちです。。

たまにはスマホを置いて骨ストレッチを行ない、体を休ませてあげるのはいかがでしょうか?

スマホを充電している間にでも、是非一度お試し下さい!!!