最近よく聞く「弁護士特約」と言うキーワード

「つけると保険料が上がるしなぁ」

「使わなければ損だしなぁ」

 

と思っているあなた!!

任意保険に入るなら「対人・対物・車両保険」と言われていますが「弁護士特約」はつけなきゃ損する特約です。そこで今回は「弁護士費用特約」の活用法についてお話しします。

 

そもそも「弁護士費用特約」って何?

自動車保険の基本プランの下の方に「弁護士費用特約」とかいてあるのは通称であり、正式名称は「自動車弁護士費用等補償特約」や「弁護士費用補償特約」など、保険会社によって異なります。また自動車保険の基本プランに入っていることもあるので、必ず特約の有無を確認してみてください。

この特約は

  • 弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。
  • 補償限度額は300万円まで使えます。
  • 翌年の保険料は上がりません。

 

交通事故の弁護士費用は補償限度額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に相談・依頼できるでしょう。

 

 弁護士費用特約は物損事故で使えます

物損事故は

  1. 人身事故より過失割合で揉めやすく、
  2. 賠償金額よりも弁護士費用のほうが高い。
  3. 最低10~20万円程度の費用がかかります。

 

しかし過失割合がどうしても納得がいかない場合、交通事故に強い法律事務所に無料相談してみましょう。料金体系は法律事務所によって違いますが、この中途半端な費用は特約でカバーしてもらった方が示談交渉や裁判の結果にかかわらず、損害賠償金が大きく増額するケースは限られていますが、愛車をきちんと直してもらった方が良いでしょう。

弁護士費用特約はそこをカバーしてくれるので、使わない手はありません。

 

本当は使ってほしくない特約?

この特約を一番使われたくないのは保険会社さんなのです。過失割合や、治療費を打ち切りますというのは、相手保険会社なんですね。ですから揉めてる相手と言うのは相手の保険会社なんです。

保険会社が設定した特約を保険会社に向けて使って等級も変わらないなんて保険会社は一文にもなりません。なるべく保険会社同士で手を打っておきたいので、「弁護士を出すなら相手も出してきますよ」とか「裁判になりますよー」とか言って怖がらせて使わせないようにしています。

弁護士は必ずご自身で選んで決めましょう。

特に保険会社から親切に薦められた弁護士は保険会社よりなので、時間の無駄です。まず交通事故に強い弁護士を探します。インターネットや市役所などにもパンフレットが置いてあったりします。

 

※注意※

物損事故については、弁護士側も「基本的に物損事故に関する依頼は受けない」という法律事務所もありますのでよくご確認ください。