相手が存在する交通事故で過失割合が決まらず・・・でも身体が痛くてしょうがない。早く治療がしたいから相手の保険会社に電話したら、健康保険でかかってくださいと言われました...このケースは実際によくあるお話です。

交通事故というはその責任の割合が大きい方が加害者となり、被害者に傷病を負わせることを「第三者行為」と呼んでいます。

 

本来は加害者が被害者に対して治療費等全額支払わなけれあならないのですが、交通事故でケガを負った被害者は、保険会社の手続きを待つことなく治療を開始したいと思います。

そんな時に「第三者行為による傷病届」を健康保険を取り扱っている保険者に提出することで、健康保険を使って治療を受けることができます。

この様な時には健康保険で治療を開始してください。

  • 加害者側の保険会社から連絡がこない時
  • 被害者にも過失割合が認められた時

自賠責保険よりも健康保険を使った方がメリット有るの?

被害者の方は「なんでコッチが健康保険使って安くやらなきゃいけないんだ」と思う方も多いと思います。しかしよく考えてみてください。加害者は保険に加入している限り自腹を切ることはありません。相手に自腹を切らそうもんなら、あなた自身が再起不能な状態です。

ここで大事なポイント2つ

  1. あなたにも何割かの過失割合がつきましたら、あなたにかかった治療費も差し引かれます。(ここが最大のポイントです)
  2. 相手が自賠責すら入っていなかった場合は、相手を飛び越えて自賠責保険に請求が出来ます。(これも大事です)

 

この時点で治療する場合はあなた自身が立て替えないとなりません。それでも全額実費で払いますか?

例えば治療に総額300万円万円かかったとしましょう。健康保険証でかかればあなたの負担は45万円で済みます。この金額は2の自賠責保険で取り返せます(領収書は必ず取っておきましょう)

更に自力で行けなかったのでタクシーを使えば、その交通費が出ます。会社も休まないと通えないとなれば休業補償がつきます。そして慰謝料!これも出ます。

ここであなたが自腹を切っているのはタクシー代と45万円ですね。自費でしたらどうですか?払っていくの大変ですよね?過失割合が3割付いたらどうでしょう。

例を挙げてみてみましょう。過失割合が7:3で被害者が3割の場合、総損害額から3割が減額されます。更に支払い済みの治療費を引いて、被害者が受け取る金額になります。

自賠責保険 健康保険
治療費 300万円 45万円
その他損害 300万円 300万円
総損害額 600万円 345万円
3割金額 180万円 103万5千円
総損害額-3割

(過失相殺)

420万円 241万5千円
治療費を引いた総額

(受取金額)

120万円 196万5千円

いかがですか?

治療費を抑えるだけで受取金額がガラリと変わります。これは同じ過失割合を取られるなら保険治療で費用負担を軽くすれば取られる分もすくないですが他の補償もあれば保険診療するのも良いかと思います。