全国的に梅雨も本格的になってきました。

あまり気にしたことはないかもしれませんが、梅雨や台風の低気圧が多い時期に肩こりを感じる人は多くなるそうです。

梅雨の時期は、倦怠感・頭痛・腰痛・肩こり・膀胱炎・胃腸の不調・憂鬱感など様々な症状が起こりやすく、人によっても異なります。また、普段から痛めたり不調が起こりやすいところが悪化する場合も多くなります。

私は年中肩こり体質ですが、気圧の変化で今の時期は肩こり→頭痛の流れになることが多いように感じます。頭痛になる前に肩こりを撃退したいものです・・・。気圧・湿度・気温など、あらゆる気象条件が変わりやすいので同じような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで!今回は、どこでもすぐに出来る簡単な肩のストレッチをご紹介します。顔のむくみにも効果があるので、梅雨の時期にピッタリなストレッチです!

 

♢簡単!どこでもできる!肩ストレッチ♢

➀頭を斜め上に軽く上げます

②鎖骨の下で両手を交差して添えます

③5秒間、頭をゆっくり傾けます

④左右ゆっくりと5回程度傾けます

ポイントは、首の筋肉を伸ばすことを意識することです!強く伸ばし過ぎると、肩こりや顔の歪みが起こる原因になってしまうので注意が必要です。

 

♢梅雨のだるさチェック♢

・体が重い
・体がだるい
・頭痛が起きる
・むくみを感じる
・軟便や下痢になっている
・めまいがする時がある
・食欲がない

この中で気になる項目がある場合は、梅雨特有の気候に体が負けてしまっているかもしれません。体調管理に注意が必要です。

梅雨と体調不良は深く関係しています。身体にとって適度な水分は、身体を潤わせることや健康を維持するためになくてはならないものです。しかし、必要以上に水分を摂ると、余分な水分が身体に溜まり、体内のいたるところで悪さをすると考えられています。

余分な水分が身体に溜まる原因は、口から摂取するだけではありません。実は、外からの影響も身体に余分な水が溜まる原因になってしまいます。

その中の1つが”雨による湿気”です。雨による湿気が身体に入り込み、体内の水分を必要以上に増やし悪影響を及ぼしてしまいます。余分な水分は身体のあちこちで溜まりやすくなり、むくみ・頭痛・めまい・食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因になると考えられています。

梅雨の時期は過剰な湿気が続くため、特に症状が出やすくなります。

 

♢梅雨の肩こりの原因は?♢

梅雨の時期は、気温・湿度・気圧などの気象条件が早い周期で変化していきます。そのため、体調をコントロールする自律神経の働きが乱れやすくなり、体調が崩れることが多くなります。また暑くなり始める為、エアコンの使用率が上がり、雨で濡れた身体や衣服でエアコンにあたり、身体を冷やす原因を作ってしまいます。このような梅雨独特の気象条件で肩こりをひどく感じる人が多くなります。

梅雨が終われば自然と肩こりも解消されるの?と思うかもしれませんが、そうでもありません。その人の環境への対応力によって異なります。ポイントは、変化にうまく対応して症状を夏まで引きずらないことです。人それぞれで身体の対応力が変わるので、自分にあった対策を考えることが大切になります。

梅雨のだるさからくる肩こりをそのままにすると、夏まで引きずり、直接でなくても熱中症などの原因を作ってしまう場合もあるので、早めの対処をオススメします。

 

♢梅雨のだるさ対策♢

・朝は冷水で洗顔。交感神経が活発になります。

・上着を持って、寒暖差に備える。
→梅雨どきは、職場や車内などでエアコンの稼働が始まる時期になります。朝晩だけでなく、外と中の温度差にも注意が必要なので1枚上着を持つ対策が必要です。

・40℃前後のぬるめの炭酸入浴
→炭酸ガス入りの入浴剤を入れて、リラックス効果を上げます。炭酸ガスによって温浴効果を高め血行を促進し、疲れを軽くすることが期待できます。

・就寝前に、蒸しタオルで目もとを温める

・暗い場所でスマホを見ない

梅雨の時期は日光があまり出ない為、自律神経が乱れがちになります。なので、生活習慣や服装でしっかり身体をケアしてあげることが大切になります。太陽が出たときは、熱中症にならない程度にお日様に当たって身体のリフレッシュをしてあげて下さい。

肩こり対策としてすぐにできるのが“上着で寒暖差の調節”をすることです。雨で濡れたままエアコンの効いた電車や職場に入ると一気に体温を奪われてしまいます。上着を着る前に、タオルなどでしっかり雨の水分を拭いてから上着を着るようにして下さい。雨が強い日は着替えを持って外出すると寒暖差に効果的です。

 

♢まとめ♢

今年の梅雨は大雨が続いています。かなりの雨量の為、雨でだるさを感じる事が多く辛いのではないでしょうか?

天気を変えることはできませんが、自分の体を整えることはできます!

まだしばらく梅雨の時期が続きそうなので、本格的な夏が来る前に、梅雨の肩こりを予防してあげて下さい!