以前は業務上過失運転致死傷罪と呼んでいたものですが、危険な状態で車を運転し、人を死傷させる事故が増えて来たことから平成26年5月20日から、運転者の処分を厳罰化するため「自動車運転死傷行為処罰法」(自動車運転処罰法)が施行されました。

 

 通行禁止道路の危険な走行による死傷事故

通行禁止道路とは、一方通行道路や高速道路の逆走、歩行者天国、歩行者専用道路、車両通行止めの道路などがこれに該当します。

・死亡事故:1年以上20年以下の懲役
・負傷事故:15年以下の懲役(ただし、無免許運転の場合:6ヶ月以上20年以下の懲役)

飲酒運転や薬物使用時による死傷事故

アルコール摂取や薬物使用によって、正常な運転ができない恐れのある状態での運転し死傷事故を起こした場合

・死亡事故:15年以下の懲役(ただし、無免許運転の場合:6ヶ月以上20年以下の懲役)
・負傷事故:12年以下の懲役(ただし、無免許運転の場合:15年以下の懲役)

参考資料:神奈川県警

神奈川県では発生件数自体は減っているものの、死亡者数は横ばいが続いております。当院の国道16号線沿いでは毎週どこらかに事故が起きてるのが現状です。

幻覚や発作を伴う病気の影響

これにより運転に支障が生じるおそれがある状態での死傷事故が起こった場合。これに該当する病気は政令によって定められています。

  1. 統合失調症
  2. 低血糖症
  3. そううつ病
  4. てんかん
  5. 再発性の失神
  6. 重度の睡眠障害等です

 

死亡事故:15年以下の懲役(ただし、無免許運転の場合:6ヶ月以上20年以下の懲役)
負傷事故:12年以下の懲役(ただし、無免許運転の場合:15年以下の懲役)

 

過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪

飲酒による事故で逃げ得をさせない様に新設しました。

事故後、さらにアルコールを摂取したり、その場を離れてアルコールや薬物反応を減少させる行為をした場合に、12年以下の懲役、無免許の場合は15年以下の懲役に処罰することが可能に。

なお、以前刑法にあった「自動車運転過失致死傷罪」は、自動車運転死傷処罰法の中の「過失運転致死傷罪」に名称変更されて引き継がれています。これにより行政処分の罰則も強化されました。

平成21年6月1日から飲酒運転関連の罰則がより強化され、かなり重い点数制度になりました。

 

飲酒運転による行政処分

  • 酒酔い運転:35点 欠格期間3年
  • 酒気帯び運転0.25%以上:25点 免許取消 欠格期間2年
  • 酒気帯び運転0.15%~0.25%未満:13点 欠格期間90日

 

悪質危険運転行為による行政処分

  • 危険運転致死:62点
  • 危険運転致傷:45~55点
  • 車運転による故意の殺人:62点
  • 車運転による故意の致傷:45~55点
  • ひき逃げ:35点

人身事故の刑事処分一覧

自動車運転過失致死傷罪(刑法211条2項)

7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

 

危険運転致死傷罪(刑法208条の2)

死亡の場合1年以上の有期懲役(最高20年)

傷害の場合は15年以下の懲役
これは、悪質、危険な運転(飲酒運転等がこれに該当)によって人を死傷させた場合に適用されます

 

殺人罪(刑法199条 )

死刑または無期もしくは5年以上の懲役
死亡するかもしれないと思いつつも被害者をひきずったような場合に適用されます

 

緊急措置義務違反人身事故

5年以下の懲役または50万円以上の罰金

 

重症事故3ヶ月以上後遺障害あり

懲役刑・禁固刑又は罰金30万円~50万円

 

重症事故30日以上3ヶ月未満

専ら   罰金30万~50万円

専ら以外 罰金20万~50万円

 

軽傷事故15日以上30日未満

専ら・ 専ら以外 治療21日以下原則不起訴罰金15~30万円

 

軽傷事故15日未満建造物損壊事故

専ら ・専ら以外    原則不起訴罰金12~20万円

 

人身事故を起こした時の罰金相場

人身事故は、最低でも12万円の罰金と厳しい刑事処分を覚悟する必要があります

 

人身事故は必ず刑事処分となるわけではありませんが・・・

被害者が加害者に対して、厳罰を望むか確認されますので、「軽減させてほしい」と申し出があれば、刑事処分に課せられない可能性があります。被害者に対して怪我をさせている場合、誠意を常に示し礼を尽くすことが重要です。

それ以前に人身事故を起こしますと被害者、加害者ともに精神的ダメージがかなり大きいです。そうならない為にまず安全運転が義務となっています。これを忘れないでください。